TACHIKARA

みなさまが購入したボールと同じ数だけのボールが子どもたちへ届く新プロジェクトがスタート!

創業100余年、ボール製造において常に革新的な技術でイノベーションを起こしてきたタチカラは、グローバルスポーツブランドが「次の100年へ志を新たに」担うべき使命として、新プロジェクトとなるHAND 2 HAND by TACHIKARA(ハンドトゥハンド バイ タチカラ)を始動します!

HAND 2 HAND by TACHIKARAの第一弾プロジェクトとして、2018年10月3日(水)から12月3日(月)までの間、日本経済新聞社が運営するチケット購入型クラウドファウンディングサイト「未来ショッピング」にて、300球の支援を募集します!みなさまが購入したボールと同じ数だけのボールが、子どもたちへマイボールとして届きます!

あなたが贈る未来。ボール1球購入で社会的弱者の子どもにもう1球を寄贈+ハーバード竹内教授特別講演参加 | クラウドファンディング – 未来ショッピング https://shopping.nikkei.co.jp/projects/tachikarah2h?site=nikkei

TACHIKARA

あなたが贈る未来!ボール1球購入で社会的弱者の子どもにもう1球を寄贈! + ハーバードビジネススクール竹内教授特別講演参加!
あなたの手から子どもの手へ。バスケットボール(革新的製法イノベーションにより実現した天然皮革迷彩柄の限定品)を1球購入すると、もう1球が社会的ハンディキャップを負った子どもにプレゼントされます。虐待や育児放棄により、また親を失い児童養護施設で暮らす子ども、心身の障がいを抱え支援施設で過ごす子ども、地震や風水害により被災した子ども、貧困の中にあるタイの子ども等が対象です。また本企画の支援者様にはハーバードビジネススクール竹内弘高教授の「社会を良くするリーダー」講演会にご参加いただけます。

TACHIKARA
あなたの手から子どもの手へ ”HAND 2 HAND By TACHIKARA”
社会的ハンディキャップを負った子どもにボールを贈るプロジェクトが、この”HAND 2 HAND By TACHIKARA”です。 あなたが1球バスケットボールを購入すると、もう1球のボールが、社会的ハンディキャップを負った子どもにプレゼントされます。

虐待や育児放棄により、また親を失い児童養護施設で暮らす子ども、心身の障がいを抱え支援施設で過ごす子どもやその兄弟姉妹、地震や風水害により被災した子ども、日本では想像のつかない貧困の中にいるタイの子どもなどが対象となります。

あなたの贈る1球は子どもに、スポーツに夢中になり楽しむ情熱と、夢や希望や目標を与えます。その実現へと努力することの大切さを知り、身体が作られ、仲間や社会とつながりができ、ルールやチームワークの大切さを学ぶことで社会性を身につけます。タイでは貧困に苦しむ子どもの麻薬や犯罪への防止につながります。1球のボールが子どもの心身の成長と社会的な自立支援へとつながります。

バスケットボールには”ピックアップ”という言葉があります。ボール1個と小さなスペースさえあれば見知らぬ相手であっても分け隔てなく「一緒にプレイしよう」と誘う、それがピックアップです。ストリート文化の象徴であるピックアップの精神は人種や宗教や国境を越えて人々につながりをもたらすとタチカラは信じています。

そしてストリートバスケットボールから生まれ、東京2020大会の正式種目にも採用された3×3(スリーバイスリー)。タチカラはSOMECITYをはじめとする国内外の3人制バスケットボールの普及とストリートバスケットボール文化の創造に尽力してきました。そこで今回は”300x300″!300人の支援者の手から300人の子どもの手へとボールを贈る活動に是非ご参画ください。

TACHIKARA

革新的製法イノベーションにより天然皮革に迷彩柄デザインを実現した限定プレミアムバスケットボ―ル
球技業界史上初の革新的製法イノベーション(特願2014-221527)により生産された限定オリジナルバスケットボ―ル(7号球)です。その革新的新製法を用いることで世界中で愛好されている協会公認球と同等品質の天然皮革に美しい迷彩柄のデザインを施すことを実現しました。ブランド初となる“TACHIKARA HAND 2 HAND” の刻印と共に限定300球の証であるシリアルナンバー入りとなっております。

TACHIKARA

TACHIKARA

TACHIKARA
従来の製法では、皮革製造メーカーによって素材となる天然皮革をなめし・染色などの下処理を済ませた上で全面に凹凸の加工を施した状態でボール製造工場へと提供されていました。このため革の表面には既に凹凸が形成されているため、ボール製造工場では平面での印刷ができず、印刷方法に制約を受けもっぱら転写方式が採用されていました。印刷する模様(例えばロゴマークや図柄など)はその鮮明さや精度が十分でなく、色彩などは単純なものになるのが一般的であり、サイズにも制約を受けることが常でした。TACHIKARAによる新製法は、平滑処理された天然皮革の表面にタチカラ独自の印刷方法で自在なグラフィックを表現し、そして凹凸の加工を施す製法となります。この新製法によって多種多様な色彩を用いた模様を繊細かつ精度よく天然皮革のパネル全面に施すことが可能となりました。

仕様
1.ボール内部の空気圧を維持し、最適なバウンス力を保証する2重ブチル製空気袋を採用
2.耐久性、形状維持の為のナイロン巻き仕様
3.柔軟性とハンドリング性を向上させるスポンジラバー層のカーカス仕様
4.最高のドリブルコントロールと手に吸い付く感触を実現するためにデザインされたペブルド・チャンネル仕様
5.抜群のグリップ力と高度な耐久性を誇り、使い込むほどに個性を発揮するタチカラオリジナル天然皮革製 製法特許出願済 特願2014-221527

子どもたちへ贈るボール
子どもたちへ贈るボールは日本製の合成皮革を使用し、ネオンイエロー、ネオングリーン、ネオンブルー、ネオンピンクでカラーリングしました。TACHIKARAロゴの下にはボールが手渡される様をイメージしデザインされたHAND 2 HANDのロゴを刻印しました。
*こちらのボールは子どもたちへ贈るボールとなります。チケット購入者には届きません旨ご了承下さい。
TACHIKARA

ワークショップを通じて子どもたちとのつながりを強固に
施設のご希望に応じて、子どもたちにボールを届ける際にフリースタイル・バスケットボールの世界チャンピオンZiNEZ氏と、大学生フリースタイルサークルの方々のパフォーマンスイベントを行います。子どもたちにバスケットボール・フリースタイルの魅力を伝えるとともに、実際の体験も交えたワークショップを企画しています。児童養護施設等から子どもたちが「社会とのつながり」を求めているということを何度もお聞きしました。そのためボールを届ける時だけでなく、アスリートたちが継続的に施設を訪問しワークショップを開催するような仕組みの構築を企画しています。

ZiNEZ(ジンジ)タレント/モデル/フリースタイルバスケットボーラー
1990年生まれ。日本とカナダのハーフ。2004年バスケットボール選手を目指しカナダのVictoriaへ。カナダでフリースタイル・バスケットボールを始め、2008年、2009年と日本で行われたフリースタイル・バスケットボール日本一決定戦において、史上最年少優勝記録と初の連覇を成し遂げる。海外のバスケットボールショーのほか国内でタレント、モデルなどインターナショナルに活躍するフリースタイル・バスケットボーラー。

50名様限定!ハーバードビジネススクール竹内教授の「社会を良くするリーダー」講演会参加
講演付きチケット購入者50名様にはハーバードビジネススクール(HBS)竹内弘高教授の特別講演会にご参加いただきます。

竹内教授のHBSでの40年来の盟友であり世界の企業戦略論の権威マイケルポーター教授が”CSV”というコンセプトを掲げ「社会的価値と経済価値を両立」を説いてから7年。日本企業の受け止め方は様々で、ポーター教授の新たなコンセプトとして信望する経営者もいれば、日本には昔から存在した考えだとする経営者もいます。

その結果1990年代からのCSRに加えて、2011年のCSV、2015年国連サミットで採択されたSDGs、他にも「ソシアルイノベーション」などの言葉が乱立し、近年日本企業は「社会課題解決」を謳い始めています。しかしその多くがIRやCSRのために表面的なお題目になりがちで、本業、新規事業における「社会課題解決」の理解と実践に苦慮しています。

そのような企業を取り巻く環境において、HBSが正規の授業の一環として、東日本大震災の被災地におけるフィールド・スタディ”ジャパン IFC”を7年連続で実施しています。その”ジャパン IFC”を担当/引率する教官が竹内教授です。

ではなぜHBSは東北で学ぶのか。竹内教授は東北で自ら率先して復興に身を投じながら、「世界金融危機の震源地となったウォール街に多くの卒業生を輩出してきたHBSは、本当に世界をよい方向に変えるリーダーを育成できていたのか?という深い自省を得た。」(東洋経済)と述べます。

そして竹内教授は「本当に世界をよい方向に変えるリーダーを育成できていたのか?」との問いにWise Leader(ワイズリーダー)というあるべきリーダー像を私たちに示してくれます。

今回、当企画支援者の皆様にとって「世界をよい方向に変えるリーダー」について理解を深め、ご自身の人生や仕事において「世界をよい方向に変える」ために社会課題解決への第一歩を踏み出すきっかけとなれば幸いです。

*講演は東京都内で1月頃開催予定です。
詳細に関しましては講演付きチケット購入者様にのみ12月1日にご連絡させて頂きます。

takeuchiHiro_TACHIKARA
竹内弘高(たけうち・ひろたか) ハーバード大学経営大学院(ハーバード・ビジネス・スクール)教授 / 一橋大学 名誉教授
1946年東京生まれ。1969年国際基督教大学卒業、1971年カリフォルニア大学バークレー校にてMBA取得、1976年ハーバード大学経営大学院(ハーバード・ビジネス・スクール)講師、1977年カリフォルニア大学バークレー校にて博士号取得、ハーバード大学経営大学院(ハーバード・ビジネス・スクール)助教授、1983年一橋大学商学部助教授、1987年一橋大学商学部教授、1998年一橋大学大学院国際企業戦略研究科 研究科長、2010年 一橋大学名誉教授、ハーバード大学経営大学院(ハーバード・ビジネス・スクール)教授。

専門分野は競争戦略、知識経営、マーケティング(新製品開発)、インターナショナルビジネス等。東京とサンフランシスコのマッキャン・エリクソンでのアカウント・サービス及びマーケティング・リサーチ、またマッキンゼ-・アンド・カンパニーにおけるマネジメント・コンサルティングなどの実務経験も有する。1993年10月のBusiness Week誌では、「社内教育プログラムの講師として世界でトップ10に入る経営大学院教授の一人」と紹介され、1996年4月のFortune誌では「これからの日本でパワーを持つことになるグローバルな視野を持った若い世代の知的リーダー」と紹介される。また、ダボス会議のような国際会議にスピーカーとして数多く出席。

主な著書に「ベスト・プラクティス革命」、共著に「企業の自己革新:カオスと想像のマネジメント」「異質のマネジメント」「The Knowledge-Creating Company」「知識創造企業」「Can Japan Compete?」「日本の競争戦略」「マーケティング革新の時代(全四巻)」「Hitotsubashi on Knowledge Management」「Extreme Toyota」「トヨタの知識創造経営」などがある。野中郁次郎氏と書いた「The Knowledge-Creating Company」は1995年度の全米出版協会のベスト・ブック・オブ・ザ・イヤー賞(経営分野)を受賞。野中氏と書いた「The Wise Leader」が、米誌ハーバード・ビジネス・レビュー 2011年5月号にカバー論文として掲載。

限定特典(5枚限定) Smart Air Pump 1台差し上げます
Smart Air Pumpは以下の優れた特徴を備え従来の空気入れの概念を全く変えます。
・設定された空気圧で自動的にストップ
・空気圧がデジタルで表示される
・USBケーブルで充電可能
・従来の電動空気入れに比べ小型で軽量であり携帯がしやすい
・デザイン的にもスマート
・自転車へも使用可能=車椅子にも使用が出来る
・参考情報:販売価格16,740円(税抜)
*対象チケットは以下の5種類のチケットのみとなります。(各1枚限定)
33,000円、100,000円、105,000円、183,000円、188,000円
TACHIKARA

もれなくプレゼント!
今回ボールをご購入頂いた方には漏れなく天然皮革製のオリジナルボール台座とメッシュボールバックをプレゼント。

天然皮革製のオリジナルボール台座
ブラックカラーの天然皮革にTACHIKARAのロゴを刻印。プライスレスな非売品です。
TACHIKARA

メッシュボールバッグ
球技スポーツでおなじみのメッシュビブスからサンプリングされたタチカラオリジナルのメッシュボールバッグ。ブラックカラーのボディにTACHIKARAロゴをプリントしています。
TACHIKARA

今、なぜ、100年ブランドTACHIKARAがスポーツを通じたシェアに取り組むか
タチカラは、創業103年を迎える日本発のグローバルスポーツボールブランドです。今なお継承されるスポーツボールの礎となる製法を編み出し、これまでにオリンピック公式試合球や各種目の世界協会公認球を数々生み出してきました。

「ものづくり」の世界のトップランナーとしての100年の歴史を経て、次の100年は「ライフスタイルの創造」を通じて世界に貢献することを目指しています。3×3やフリースタイルバスケットボール&フットボール、ピックアップゲームなどのストリートシーンやスポーツミックス等のライフスタイルとしてのスポーツ文化の創造に注力しています。

スポーツを通じたシェアの在り方の模索もその一環です。人種、民族、宗教等を超えることができるグローバルスポーツブランドが担うべき使命としてタチカラは次の100年、スポーツの力で地球につながりを築き希望と平和をもたらすことに邁進します。
tachikara001

支援者たちの手から、子どもたちの手へとボールを贈る活動に是非ご参画下さい!
また、ボールが1人の子どもに与える無限の可能性にご共感いただける賛同者を多く募集しています!
この記事の下部にございます「SHARE STYLE MAG」ボタンから、各SNSに簡単のシェアすることができます。
unnamed-1 (2)
バスケットボールを愛する全ての人へ、ボールスポーツを愛する全ての人へ、あなたの思いと無限の可能性がたくさん詰まったボールを子どもたちへ届けることに共感いただける全て方々へこの活動が届きますよう、周りのみなさまへの情報共有、シェアに是非ご協力下さい!

RECOMMENDED